平成23年度税制改正のポイントと実務対応(開催報告)

2011/02/10 開催

日時平成23年2月10日(木) 14:00-16:00
場所港区民センター2階 21号 椿
主催おおの会計事務所
講師おおの会計事務所 所長 税理士 大野雅行・福井克昇・杉山惠一
参加費無料
内容
  1. 法人課税編
    • 基本税率30%から25.5%。中小企業の軽減税率18%から15%へ引き下げ。
    • 減価償却の償却率見直しによる早期償却の抑制(所得税も同じ)
  2. 個人課税編
    • 給与所得控除の上限設定(年収1,500万円超の給与所得控除額は、一律245万円)。
    • 法人役員等の給与所得控除を2分の1に圧縮等
    • 青年扶養控除の見直し。
  3. 相続・贈与課税編
    • 相続税の基礎控除の引き下げと税率区分の見直し。
    • 生命保険金の非課税枠の圧縮(相続時に被相続人と生計を一にしていた者などに限る)
    • 贈与税の成立引き下げ(暦年課税について、20歳以上の者が直系尊属から受ける財産)。
    • 相続時精算課税の対象者に孫(20歳以上)を追加など。
  4. 消費課税編
    • 免税事業者の要件を前々期の課税売上高から前記の上半期で判定。
    • 仕入れ税額控除制度の95%ルールの適用を中小企業者のみに限定。
  5. その他課税編
    • 更生の請求の期間を5年に延長。
    • 課税庁による増額・減額更正の期間を5年に延長。

今回の税制改正は、政権交代後、実質的に初めての税制改正であり、「所得税、相続税、贈与税」の増税から「法人税」や「消費税」等、その改正内容も広範囲にわたって、実務に影響のある改正が非常に数多くあります。今回のセミナーにおいては、国会に提出される予定の税制改正法案をベースとして、改正ポイントや実務上の留意点などを分かりやすく解説いたしました。

講演、セミナー、勉強会などのご依頼も承ります。是非ご相談ください。

講演などをご依頼される方へ

ページのトップへ