資産対策業務

貯金箱の挿絵

あなたの資産対策は万全ですか。私達は専門ノウハウで、あなたの考えにそった資産対策を立案し、検討し、実施いたします。

資産・相続対策とは 資産対策の種類 プランの立案

資産対策の種類

事業承継のための資産対策

企業は社会の公器です。

仕入先、得意先、株主、社員、銀行、地域社会など多くの相手とさまざまな関係を保ちつつ、企業の経営が行なわれています。すべての関係先と共に喜び、共に栄えるために、企業は発展し続けなければなりません。

企業の永続的発展のために的確な承継対策が必要です。

事業承継の対策は、一般に数年から1O年をかける必要があります。いわゆる事業承継の失敗で、成長が止まってしまった会社は少なくありません。

事業承継の重要な意味

  • 後継者の育成
  • 好業績の継続
  • 創業理念の引継ぎ
  • 後継者に対する親族の理解
  • 後継者に対する社員の理解

資産対策の内容

  • 計画的な不動産投資
  • 社有不動産の有効利用
  • 自社株の評価の引き下げと生前贈与と譲渡
  • 借地権の利用など

※これらの要因を充分考慮しながら、資産対策を進めなければ成功しません。

財産承継のための資産対策

相続は遺族の問題であること以前に、財産を残すご本人の問題です。

資産対策の内容

  • ポートフォリオ・セレクション(お金、土地、株式についての組み合わせによる節税対策)
  • 相続トラブルを防ぐ遺言の残し方
  • 長期計画に基づいた生前贈与の仕方

財産をめぐる親族同士の争いや、予想を上回る相続税の負担に悲鳴をあげる遺族は少なくありません。しかし、相続税に対する関心はあるものの、実際には何から手をつけていいのかわからないのが現状です。

ある国では、中世の昔から、家名の由来、結婚・子供の誕生の記録、財産の相続や分与、遺言などが収められ、子供や良い家具を持った喜び、家族への感謝の言葉をつづった記録があり、親から子へと代々引継がれていったそうです。

私達はこのような親から子への願いを大切にしながら、財産を守るための具体的なアドバイスをいたします。

個人財産の活用のための資産対策

高齢化社会に備えて、老後の安定した生活を守るために

老後の生活では、年金だけに頼ることもできず、資産の有効な運用は「もっと儲けるため」ではなく、自分の生活を守るために不可欠なものとなります。しかし、さまざまな商品が出回る今日、限られた資産・資金をより有効に運用するために、自分に最適な商品を選択することは難しく、さらに複雑な税制を考慮して資産対策を考えることは、並大抵ではありません。

私達は、税金、不動産、金融商品などを総合的に分析し、組み合わせ、あなたに最適なアドバイスを提供いたします。

ファイナンシャルプランの手順

資産の評価
財務データを収集し、資産構成の評価を行ないます。
目的の明確化
あなたの願いにそったお手伝いの目的を確認します。
問題点の摘出
節税対策・デフレ対策の不備などの問題点を確認します。
プラン作成
上記内容を行なった後、あなたに最適な資産対策プランを作成します。

ファイナンシャルプランの内容

  • 不動産の運用プラン
  • 有価証券・金融商品の有効利用
  • 保険の有効利用
  • ローンの有効利用

ご相談はこちらへ

ページのトップへ